企業法務の通訳を依頼したい

グローバルで発生する様々な法務案件に対応!

裁判、仲裁など、正確な通訳が求められる企業法務に関するご依頼を、法律事務所(弁護士事務所)または企業から承っております。

  • 裁判におけるデポジション・プレップ、証人尋問
  • 特許訴訟における口頭審理
  • 法務に関する社内会議訳

企業法務の経験豊富な通訳者を手配!

企業法務および該当する業界における通訳経験のある通訳者を手配いたします。ご希望により、ご提案時に担当予定通訳者の実績をご案内いたしますので、納得の上でご依頼いただけます。

機密厳守

業務開始前に、お客様と弊社の間だけでなく、必要に応じお客様と担当通訳者の間でも機密保持等の契約書・誓約書を締結させていただきます。

通訳形態について

裁判・仲裁では、話し手の話を区切って行う“逐次通訳”で行います。
社内会議であれば、“同時通訳”“逐次通訳”のどちらでも対応可能です。

逐次通訳:話し手の発言を区切りながら、話し手と交互に通訳を行う形態

正確性の高い通訳が必要な場合や、移動しながら通訳する場合に適しています。一方で、発言と通訳が交互に行われるため、必要な時間が約2倍になります。

同時通訳:話し手の発言を追いかけながら、ほぼ同時に通訳を行う形態

通訳による時間のロスを最小限にとどめたい場合に適しています。一方で、専用の同時通訳機器が必要になります。

通訳形態 時間 通訳者人数の目安 通訳料金の目安
(税別)
裁判/仲裁/社内会議での逐次通訳 8時間まで
(休憩含む)
2名 200,000円
4時間まで
(休憩含む)
1名 75,000円
社内会議での同時通訳 8時間まで
(休憩含む)
3名 300,000円(通訳機器別途)
4時間まで
(休憩含む)
2名 150,000円(通訳機器別途)
通訳形態 裁判/仲裁/社内
会議での逐次通訳
時間 8時間まで
(休憩含む)
通訳者人数の
目安
2名
通訳料金の
目安(税別)
200,000円
通訳形態 裁判/仲裁/社内
会議での逐次通訳
時間 4時間まで
(休憩含む)
通訳者人数の
目安
1名
通訳料金の
目安(税別)
75,000円
通訳形態 社内会議での
同時通訳
時間 8時間まで
(休憩含む)
通訳者人数の
目安
3名
通訳料金の
目安(税別)
300,000円
(通訳機器別途)
通訳形態 社内会議での
同時通訳
時間 4時間まで
(休憩含む)
通訳者人数の
目安
2名
通訳料金の
目安(税別)
150,000円
(通訳機器別途)

※料金詳細については料金表をご覧いただくか、お気軽にお問い合わせください。

事前準備について

十分な事前準備が、より高い通訳のパフォーマンスにつながります。
正式にご依頼をいただいてから当日までの期間、通訳の事前準備のため、詳細確認および下記資料のご提供をお願いしております。

裁判・仲裁の場合
  • 訴状
  • 係争の経緯を時系列でまとめたもの
  • 争点に関係する資料(特許明細など)
社内会議の場合
  • 会議で配付する資料(アジェンダ、説明資料など)