監査・査察の通訳を依頼したい

各種監査/査察に対応!

  • 医学関連(製薬会社、医療機器メーカ、病院)におけるFDA査察、PMDA査察、GLP、GCP、GMP、PV(ファーマコビジランス)、AAALAC(国際実験動物管理公認協会)監査、JCI(Joint Commission International)監査など
  • 会計監査、ISO監査、情報セキュリティ監査など

経験豊富な通訳者を手配!

各種監査/査察における通訳経験のある通訳者を手配いたします。ご希望により、ご提案時に担当予定通訳者の実績をご案内いたしますので、納得の上でご依頼いただけます。

柔軟なサービス

ご要望、ご予算に合わせた最適な通訳サービスをご提案します。まずはお気軽にご相談ください。

通訳形態について

監査/査察は、話し手の話を区切って行う“逐次通訳”で行います。

逐次通訳:話し手の発言を区切りながら、発言と通訳を交互に行う形態

正確性の高い通訳が必要な場合や、移動しながら通訳する場合に適しています。一方で、発言と通訳が交互に行われるため、必要な時間が約2倍になります。

通訳形態 時間 通訳者人数の目安 通訳料金の目安(税別)
監査/査察での
逐次通訳
8時間(休憩含む) 2名 200,000円
4時間(休憩含む) 1名 100,000円
通訳形態 監査/査察での
逐次通訳
時間 8時間
(休憩含む)
通訳者人数の
目安
2名
通訳料金の
目安(税別)
200,000円
通訳形態 監査/査察での
逐次通訳
時間 4時間
(休憩含む)
通訳者人数の
目安
1名
通訳料金の
目安(税別)
100,000円

事前準備について

十分な事前準備が、より高い通訳のパフォーマンスにつながります。
正式にご依頼をいただいてから当日までの期間、通訳の事前準備のため、詳細確認および下記資料のご提供をお願いしております。

  • スケジュール
  • 監査/査察対象の資料(社外に出せるもののみで結構です)